Please reload

ソーシャルメディア

Monday, February 19, 2018

京都市が主催している取り組みに「みやこ子ども土曜塾」があります。

「大人みんなが先生に」を合言葉に、また「まち全体を学びと育ちの場に」を目標に、

土曜日をはじめ学校休業日に京都ならではの多様な学習資源を生かしたさまざまな学びの場を提供し、

子どもたちを育んでいこうという市民ぐるみの取組、それが「みやこ子ども土曜塾」です。

オリーズは京都の企業です。

京都で子供達に英語教育を届ける活動をしている私達もできることで参加しています。

京都府下の方も受け付けております。

Wednesday, February 14, 2018

The education system of the Philippines has been highly influenced by the country’s colonial history. That history has included periods of Spanish, American and Japanese rule and occupation.  The most important and lasting contributions came during America’s occupation of the country, which began in 1898.  It was during that period that English was introduced as the primary language of instruction.

The Philippine Constitution provides for free and compulsory elementary and free secondary education through the Depart...

Thursday, December 28, 2017

小学校の外国語活動の時間にオリーズがオンライン英会話で授業をしました。

小学校のご要望に応えたオリジナル・レッスンをカスタマイズ。

全国各地の小学校では2020年から実施が決まっている英語学習の取り組み強化に向けてオンライン英会話の導入が始まっています。

オリーズの合成映像や動画を使用したオンライン英会話レッスンの形態が、英語学習を始める小学生にとって楽しく、興味を引くと評価して頂き、南港桜小学校の5年生の外国語活動の時間内に取り入れて頂きました。

2017年度1・2学期に合計8回の授業を実施。45分授業の30分間を南港桜小学校の山本昌彦先生とオリーズの講師とでオンライン英会話授業をティーム・ティーチングで行いました。教室内の大型テレビモニターにオリーズの外国人講師が映り、児童はモニターの中の講師から授業を受けました。

前半はオリーズの通常の15分レッスン。文部科学省の外国語活動の指導案に沿い、オリーズの教材をチョイスしました。

後半の15分間は英語授業の担当の山本先生と打合せをして、毎回小学校の学習と連動した内容の小学生向けオリジナル・レッスンを特別に制作して行いました。一人一人がより積極的に参加ができるように工夫された3ヒントクイズのコーナーや音楽...

Monday, September 25, 2017

英語プリスクールが市場規模が拡大していますが、それ以外でも、新規参入の園は特色として英会話を行い付加価値を付ける傾向にあるようです。

学習塾や英会話教室が保育業界への参入してきて、得意分野の英会話を特色としています。

公立保育所が英会話を始めるケースもあります。

この1-2年でニュースで取り上げられた英会話を導入している保育園で注目すべきものをピックアップしてみました。

●保育所での英会話を自治体が取り組んでいるところもあり、平成28年9月から松戸市では全公立保育所(17校)でネイティブの講師による英語あそび活動が始まっている。

●日本生命保険と大手英語塾COCO塾を経営するニチイ学館は共同で企業主導型保育事業を展開する。2017年までに保育所を全国で約100カ所新設し、1800人程度の児童を受け入れる事が可能とのこと。保育所内で英会話レッスンを取り入れ充実も図るそうです。

●学習塾の京進も全国48カ所に認可保育所を増やす。英語保育や英会話を行っている。

●また京進は、2019年には滋賀県近江八幡市で認定こども園を開業する事を発表しているが、こちらも英会話などに力を入れることにしている。

●2010年より一般社団法人保育英語検定協会が保育英語検定を実施している...

Saturday, September 23, 2017

アルファベットの名前を覚えたらいよいよフォニックスに入って行きます。

フォニックスという指導法は英会話教室などでは20年程前から導入されていますが、

今後は公立小学校でも取り組む方向性にあります。

大阪府では既に小学校1年生からフォニックスの導入を研究校で実践しており、

その学習効果を確認できた事から今後大阪市では、市内の全小学校で導入をして行く事を検討していると発表しています。(2017年2月)

フォニックスについて復習すると、

「フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。」(Wikipedia より)

フォニックスに馴染みのない方に説明すると、

英語の場合、アルファベットを言えるようになっても英単語を読めるようになりません。

日本語は文字と音が一致しているので平仮名の「り」「ん」「ご」が読めると「りんご」と単語を読む事が出来ますが、英語ではアルファベットを覚えただけでは、"apple"という単語は「エーピーピーエルイー」としか読む事が出来ずアップルと読む事はできません。

フォニックスでは、"a"...

Friday, September 22, 2017

アルファベットは初期の段階から慣れ親しむようにします。

これは幼児でも出来る、むしろ文字に興味を示し出す幼児期に取り組み易い事です。

少し前に中学校から英語学習を開始していた頃は、中学1年生で始めて英語やアルファベットに出逢った生徒はアルファベットを覚えて、書く事までを一気に求められて非常に苦労している姿を見掛ける事がよくありました。

本格的な学習が始める時期にしっかりと勉強出来るようにアルファベットは先に覚えてしまう方が後々の為になります。

英語に耳を慣れさせると同時にアルファベットの名前と形、その次にアルファベットの持つ音を知り覚えていきます。(フォニックス)

ここまでは「読み」に入って行く前準備です。

皆さんはフォニックスという言葉を聞いた事があるでしょうか?

比較的新しい学習法でアルファベットの音20年程前からフォニックス特に盛んになって来ました。英語の難しい所は日本語と違い、文字の名前と音が同じではない事です。

それ故にアルファベットを覚えてもすぐに読みには繋がりません。

以下はWikipedia よりの抜粋です。

「フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つであ...

Wednesday, September 20, 2017

レッスンで使っているビデオを皆さんとシェアいたします。

レッスンがない日も幼稚園、保育園、こども園の方で子供達といっしょに歌ってくだされば子供達も早く覚えてくれることと思います。

お家でもぜひ毎日見て歌って練習してもらってくださいね。

一日も早くレッスンで大きな声で歌ってくれるのを楽しみにしています!